こども英会話教室のブログです。日々のレッスンや教材作りの様子をお届けします。  子育て中のかた、英語講師の方、ぜひお話しましょう。
ちょっとがんばり時に読む本は・・・
2016年04月30日 (土) | 編集 |
 この3月で終了した 朝ドラ「あさが来た」は視聴率がとてもよかったですが、
前年の「花子とアン」に続いて 古い時代に女性が頑張ったお話でした。

 今でもまだまだ女性が生きにくい時代であるところがあるのに
江戸や明治、大正から昭和初期の時代に
道を切り開いてくれた女性の方たち。

 そのお話をみて勇気づけられたのも
人気だった理由ではないかとおもいます。


 そんなこともあって ふと去年、
書店で手に取ったのが こちらの本でした。





 
 「侍」や「武士」の生き方が注目されてきたのは
今にはじまったことではないのですが、
武士の「娘」というタイトルで 思わず手に取りました。

 
この本は、日本人の武士の娘だった 杉本鉞子さんが 英語で書き
大正時代にアメリカでベストセラーになった「武士のむすめ」と
作者の鉞子さんについて書かれた本だということで
ますますひかれました。

 今よりもずっと困難な時代に
英語で自分史をかけるのは どんな人だったんだろう?

 昨年は私事でちょっと頑張らなくてはいけない時期だったので
どうしても 手に取る本が こういう本になってしまいます。


 昔の人は こんな風にがんばったんだ・・・・。
そんな内容の本をよむと 自分が頑張れそうなきがしてきます。


最近 昔の家や話が 好きになってきたのは
ちょっと がんばりたいのかもしれないですよね。

 ちょっと頑張りたい方は 読んでみてくださいね。




にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加したよ!遊びに来た人クリックしてね!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト