FC2ブログ
こども英会話教室のブログです。日々のレッスンや教材作りの様子をお届けします。  子育て中のかた、英語講師の方、ぜひお話しましょう。
Rainbow bridgeのポエム
2017年09月29日 (金) | 編集 |
今月24日は、川島なお美さんの3回忌でした。
2015年になくなられて 2年たつんですね。

若くしてなくなられる方が多くて残念です。
そしてたまたま 川島さんのブログをみて 1冊の本が出ていることに気が付きました。






う、これは 読みたいけど ないちゃうかな~と思っていましたが、
とても素敵なポエムがあることを知りました。



Rainbow bridge


こちらは書いた方は unkownだそうです。
↑の本の最初には 著者の小西さんが 日本語に訳された詩がのっています。

飼い主さんにかわいがられて過ごした動物たちは
この虹の橋で 飼い主さんに会える・・・。

この間の映画は 生まれかわりましたが
今回はこの場所で会えるというお話。





うちには今 虎太郎くんというチワワがいるし、
その前には 2匹のウサギちゃんを見送りました。


生き物を飼うということは、そういうことですよね。
わかってはいるつもりですが、現実しかみていないことも。

うさぎさんの場合は、老衰で
1匹目は 腰がたたなくなり、週に3回
人間と同じ様に 電気をかけたりお医者さんに通いました。
できるだけのことはやりました。
なので2匹とも きっといざというときには助けに来てくれる・・
その辺にいて応援してくれると思っています。



この本、購入しました。
まだ 全部読めていませんが、その冒頭のお話で
川島なお美さんの 愛犬 シナモンが
その虹の橋で なお美さんに会いに行くというお話があります。



001-0929_20170929152806aea.jpg

「きみとさいごまで」より






シナモンは 2015年の1月に なお美さんの腕の中で息をひきとりました。
そのときに なお美さんが シナモンに 「虹の橋でまっててね。」といってくれたという話になっています。




きっと 今頃たのしくふたりで 遊んでいるかな。


そばで ねている虎太郎くんにも
一応 今からいっておきました。


こちらの本は、他にもワンちゃんを看取った方のおはなしや
ペットロスになった方のお話などがのっています。



涙はでるけど ちょっと暖かくなるお話・・・。





にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語教材へ
にほんブログ村

↑ブログ村に参加したよ!遊びに来た人クリックしてね!


スポンサーサイト