こども英会話教室のブログです。日々のレッスンや教材作りの様子をお届けします。  子育て中のかた、英語講師の方、ぜひお話しましょう。
mpi35周年記念イベント
2014年10月12日 (日) | 編集 |
 今日は mpi の記念イベントに行ってきました。
よ~し 1日 がんばってくるぞ~と おもいきや、
午前中の 洋子先生のお話で帰ってきました。


 ついたときは 開場から15分後だったのですが
かなりの人が列にならんでいました。
受付がはじまっていたようですが、
いっぱいで 制限されていたようです。

 やっと受付について すませて
セミナーの申込みをしようかというときに
すでに ブザーがなり、
講演がはじまるんだと
セミナー受付の列を離れ、
会場に。

 洋子先生のお話は いつものように
ユーモアたっぷりで おもしろかったのですが、
でてきて セミナーは?と聞くと
もう どれも締め切りということ。

 あとは 東京会場のみの
ラッキ―池田さんのワークショップだけということでしたが、
テキストを使う予定がないので
その1時間半は つかえないな~と
そのまま 開場をあとにして
そのビル、有楽町のルミネ(昔マリオンだった。)を
探索して帰ってきました。
(ayaさんなら お坊ちゃまと参加してただろうけどね~。)

 でも 参加費が1400円だったので
洋子先生のお話と バナフォン2つで
充分といえば 充分ですね。 (-_-;)

001-1012.jpg


 本当は新刊のプレゼンテーションのセミナーに
でたかった~。

 舞台では 洋子先生のお話の後
プレゼンとして Japann チャンツを
子どもたちがうたってくれて 
中学生くらいの女の子が スピーチもしてくれました。
 そのときに パワーポイントを使ってやってくれたのですが、
新刊のプレゼンテーションの本は
その スライドを作るように なっているんですね。


002-1012.jpg


いまどき~!とおもいました。
会社にはいったら すぐにつかえるわ~。
こちらの本は DVDつきなんです。


 洋子先生のお話は 基本は 昔とぶれない内容。
そして 今後の英語教育は 「英語をおしえる」のではなく
「英語でおしえる」ということで
社会科や理科などに絡めて英語をつかっていくことだと
お話されていました。
 
 ほんとうに それですよね。
もう すでにそのようにされている先生方も
いらっしゃいますよね。

 これから オリンピック開催にむけて
ますます学校での 英語教育が
変わっていくようですが、
いつも それにふりまわされている子どもたちが
大変だと思ってしまいます。


 むかし 小学校の英語活動に燃えていたことがありますが、
公教育の壁の厚さに 自分の理想がまけて
小学校英語には 参加するのをやめてしまいました。

 洋子先生は 35年間
粘り強く 言い続け、今の小学校英語活動へと
つながってきたのだと思います。

 
 mpiの教材、プレゼンのテキストなどは
中学生がやるととてもいいし、
使いたいとはおもいますが、
現実 定期テストや英検だなどと
いっていると どこに入れられるか?と思います。
自分で文法などを学習できる子なら
入れられるかもしれませんが
そういう子ばかりではないですものね~。

中学校のテキストで入れてくれると
すごくいいだろうな~っと思いました。


何ができる子を育てればいいのだろうか?
ここでまた 少し考えをまとめてみないといけませんね。




にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加したよ!遊びに来た人クリックしてね!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れぇ
tamirinさん、ちゃんと行ってきたんですねぇ
常に学ぶ姿勢があって、えらいわぁ
私は義母が入院してしまい、バタバタでした
このバナフォン2コだけでもその値段の価値ありますねぇ
2014/10/13(Mon) 20:58 | URL  | Sakasayo #6qsAsK2A[ 編集]
NoTitle
確かに松香先生がいらっしゃらなかったら
日本にフォニックスが浸透するのがもっと遅れたでしょうね。
信念をもって仕事をするって本当に大切です。
2014/10/13(Mon) 22:04 | URL  | Choco☆ #-[ 編集]
Re: お疲れぇ
Sakasayoさん

 おかあさま、だいじょうぶですか?
夏もお疲れだとお話聞いていたので
ちょっと心配しています。

 この台風の気圧も
体にはよくないですよね。

おかあさま お大事に。
2014/10/14(Tue) 00:16 | URL  | tamirin #-[ 編集]
Chocoさん
そうですよね。
わたしも セミナーにでて
「日本人がつかいやすいフォニックス」という説明が納得できたのを覚えています。

わたしは 信念がぐらぐらだ・・・。
2014/10/14(Tue) 00:28 | URL  | tamirin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可