こども英会話教室のブログです。日々のレッスンや教材作りの様子をお届けします。  子育て中のかた、英語講師の方、ぜひお話しましょう。
Guess Who?
2015年01月15日 (木) | 編集 |
 無事に主人の父が退院してきましたが、
なんか ガンコになって帰ってきたようです。

 体がうまくうごかないもどかしさなのか
病院で 自分の思うようにできず
ストレスがたまっていたのか
かなり お口がたっしゃになり、
寝てばかりだといけないので
母と一緒に 起きるように促すと
寒いだの いたいだの ほっといてくれだの言ってます。

 でも 入院した時は かなり苦しそうだったので
元気になったということですよね~。(;'∀')

 年老いた 母が疲れないように気を付けないと~。





 さて 今日から6年生クラスもレッスンです。
去年はぎりぎりまで カードを作ったり、
文法のことで 結構勉強ばかりとなってしまったので
今日は 最期の15分くらい
遊びました。

 048001c9c77e_a400.jpg


 昔はもっとちいさい トラベル版をもっていたのですが、
あまりに小さくて 絵もわかりずらいのが多くて
何年かまえに 大きい版に買い換えたのですが、
しばらく 眠ってました~。

 質問をして 相手を当てるゲームなので
ある程度 質問ができるクラスでないと・・・とおもっていましたら
すっかりわすれていました。

 今日はひさしぶりに 出してきて
ちょうど Be動詞、一般動詞をやっている6年なので
質問もそれを意識してまとめてみました。

002-0115_20150115234323b4d.jpg




001-0115_20150115234320e07.jpg



こちらは 2005年度版なんですが
あるかな~とアマゾンを検索したら
このゲームも進化していて 今は 
お互いに 背中合わせのように
たてて ドアを開けたり閉めたりで
遊ぶようになっていました。
(知りたい人は アマゾンで Guess who? game と検索してみてくださいね~。)



 003-0115_2015011523432659b.jpg


 それぞれ ペアになって
質問して 推理していきます。



004-0115_20150115234328751.jpg


 毎回むずかしいのが 質問したことに Noと答えたら
その反対の条件の人をはずしてかなくてはいけないのですが、
勘違いしてしまって 倒してしまうと
あとがどうしようも 収集がつかなくなってしまうんですね~。

 たとえば

 
Are you wearing glasses?
No,I'm not.

といったら 眼鏡をかけている人をはずしていかなくてはいけないのですが、
なんだか 眼鏡の人をのこしてしまったりしちゃいます。

今日も それで失敗してしまったペアが。

でも 「あ~面白かった~。」という声。


よかった~。
また 来週あそびましょうね~!


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加したよ!遊びに来た人クリックしてね!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうなの?
このゲーム、知ってたけど持っていない
昔からあるゲームも進化しているんですね
教材研究は終わりがないですね
2015/01/16(Fri) 15:31 | URL  | Sakasayo #6qsAsK2A[ 編集]
Re: そうなの?
 そうなんですよ。
このタイプは 今は出てこないので
立体的に立てるタイプのようです。

 そして 内容もたとえばディズニーキャラクターだったり、
スターウォーズだったり、どうぶつだったり・・・。

 なんか 頭が柔らかくなりますよね~。
そう考えると いろいろと作れそう。

 ふつうにカードゲームとして
動物を扱ってやっているGuessing game も
小道具を使うと たのしくなるんでしょうね~。
なるほど、なるほど・・・。
2015/01/16(Fri) 22:37 | URL  | tamirin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可