こども英会話教室のブログです。日々のレッスンや教材作りの様子をお届けします。  子育て中のかた、英語講師の方、ぜひお話しましょう。
ぼくの二つの家の本
2015年01月30日 (金) | 編集 |
 こんなに降るとはおもわなかった雪。
これで来週 雪テーマができるぞっ!

 ポカッ (._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ


 いや 積もらなくてよかったですが、
明日の朝の 凍結が心配ですね。
今日は 他の英会話教室でのレッスンの日だったのですが、
自転車で行けずに バスでいったため
前後 かなりの無駄な時間をとってしまった・・・。




 さて 今日も本の紹介です。
やはり バレンタインのために 本をさがしていたところ
とっても気になる本を見つけました。








こちらは 読み聞かせたりするにはどうかという本ですが、
とっても いいお話でした。


001-0130_201501302226166c6.jpg


「これは ぼくのパパの家。 ぼくはパパと一緒にすごすときもある。」



002-0130_20150130222618a5e.jpg


「ママはここにすんでいる。 ママと一緒のときもあるんだ。」


003-0130.jpg


「ぼくには自分の部屋が二つあるんだ。一つはパパの家。もう一つはママの家に。」



004-0130.jpg


「ぼくにはふたつ キッチンもあるんだ。 パパと一緒にお料理するキッチンと
ママと一緒にお料理するキッチン。」



005-0130.jpg


「バスルームもふたつあるよ。こっちはパパの家のバスルームで
こっちは ママの家のバスルーム」



主人公のアレックスは パパもママも大好きといいます。


そのあと・・・。


006-0130.jpg


「わたしたちもあなたが大好きよ。
わたしたちが どこにいても そして あなたが どこにいても。」


となっています。


とてもすてきな イラストが
それぞれ 離れている両親からの 愛情を表現している
すてきな絵本でした。


裏表紙には 両親が離れて暮らしている子どもたちの
不安を取り除くために作られた本だとされています。


他にも同じような本で 仕掛け絵本がでているようですが、
ブックレビューには おさない自分のこどもに
今の生活の状況を説明するのに 読んであげたと
いうお母さんからのレビューがのっていました。


これも Love ですよね。
これは 自分で読むのにいい本でした。




にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加したよ!遊びに来た人クリックしてね!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
こちらの絵本もいいですね~
絵のタッチがTamirinさんっぽい(*^▽^*)
昔 Jacqueline Wilsonの本で同じような内容を読んだことがあります。
Loveって色んな形がありますもんね。
2015/01/31(Sat) 11:21 | URL  | Choco☆ #-[ 編集]
すてき
心がほっこりする絵本ですね
自分の部屋が二つある・・・・
私も自分の部屋が二つ欲しい・・・
でもきっと、ローン地獄になっちゃうなぁ
2015/02/01(Sun) 19:07 | URL  | Sakasayo #6qsAsK2A[ 編集]
Chocoさん
 欧米ではいつもこういう話題はでてきますよね。
ドラマでも離婚した夫婦が
子どものために 会って話したり・・。

 日本ではまだまだ 話題になりにくいのではないでしょうか。
 
Jacqueline Wilsonさんって ニックさんの絵が多いんですね!
日本語版の本もたくさんあるのって知らなかった~。
2015/02/02(Mon) 22:15 | URL  | tamirin #-[ 編集]
Re: すてき
Sakasayoさん

 ほんとですよね~。
考えようで 人生は変わってくるのかも。

 あたしも ほしい・・・。
温泉があって 食事も好きなもの食べれて・・・。

それって ふつうにホテルじゃん!
2015/02/02(Mon) 22:19 | URL  | tamirin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可