こども英会話教室のブログです。日々のレッスンや教材作りの様子をお届けします。  子育て中のかた、英語講師の方、ぜひお話しましょう。
大人の発達障害の工夫についての本
2015年11月27日 (金) | 編集 |
 ことしもスローペースで 読書をしていますが、
持ち歩きようには文庫本 寝る前に読むにはちょっとしっかりした字の大きい(!)本を
読むようにして 月に2冊は読めるようにしています。 (;^ω^)スクナイネ・・・


 今月読み終わった本はこちら。





偶然 何か調べ物をしていて ネットでみつけたのが
こちらの著者の しーたさんのサイトです。
↓こちらをクリック。

がんばれアスペさん
とてもかわいい絵を描かれていて
 

大人になってから アスペルガー症候群と診断され
でも 自分の工夫やまわりの支援次第で
お仕事もできる・・・というようなことを
ご自分で描かれた 4コマ漫画も載せて書かれています。

途中に臨床心理士の先生の解説等もはいっていて
支援する側が どんな工夫をすればいいのかも
少しわかるようになりました。

たとえば お仕事を依頼するときに
口でだ~っというのではなく
紙に順序立てて 書いて渡しておくと
とても安心して落ち着いてできるし、
むしろ 集中力がすごいので 人より早く効率よくできる・・などということです。



しーたさんの幼少時代などについては
こちらの本の前作にあるようです。





こちらはまだ読んでいないのでこれから読んでみようとおもいます。

まわりがしっているのと 知らないのとでは
本当に全然ちがうな~と思いました。
勉強不足だわ~。

絵がとってもかわいいので
ぜひ 読んでみてくださいね~。



にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加したよ!遊びに来た人クリックしてね!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
はじめまして。突然のコメント、失礼します。タイトルにひかれて、やってまいりました。

> まわりが知っているとの知らないのとでは、本当に全然ちがうな~
本当にそう思います。「発達障害」という言葉はみなさん、耳にしたことがあっても、実際にどんな障害なのかわからない方がほとんどかもしれません。

大人だけでなく、子どももまさに同じで、教室で落ち着きのない子や板書がすごく遅い子、なかなか単語が覚えられない子・・・さまざまな子どもがいるけれど、「早くやりなさい」ではなく、もしかしたら、何かあるのかも・・・と思えれば、それだけでも違うかなぁと日ごろ、感じています。

耳から入る子、目から入る子、動きで入る子、イメージで入る子・・・様々な得意な部分ある子どもたち一人一人にあった授業を行うことは難しいかもしれないけれど、指導者が押さえておかなければいけないポイントを知るだけでも、授業も違うものになって子どもにとってもより効果的な授業になりますしね。

日々子どもから学ぶことばかりです!

突然のコメント、失礼しました。
2015/11/28(Sat) 05:06 | URL  | 山下 #Lg2mhvRI[ 編集]
Kayoko先生
> はじめまして。突然のコメント、失礼します。タイトルにひかれて、やってまいりました。

はじめまして。コメントありがとうございます。
実は私は 以前から 先生のブログにおじゃまさせていただいておりました。
先生にコメントいただくなんて光栄です。
日本でもジョリーフォニックスの講師をなさっているんですよね?
イギリスで 実際に小学校で教えていらっしゃった経験は
伝えていただくと本当に勉強になります。
>
>
> 大人だけでなく、子どももまさに同じで、教室で落ち着きのない子や板書がすごく遅い子、なかなか単語が覚えられない子・・・さまざまな子どもがいるけれど、「早くやりなさい」ではなく、もしかしたら、何かあるのかも・・・と思えれば、それだけでも違うかなぁと日ごろ、感じています。

 私ももう何年も前になってしまいましたが、手話を勉強していた時代があって
その時に 少し障害がある子たちとふれあえたことがあります。
その時から 特別支援については できるだけ知りたいと思ってきました。
でも 自分では非力で・・。
今はただ 読書で情報を得るだけになっています。


>
> 耳から入る子、目から入る子、動きで入る子、イメージで入る子・・・様々な得意な部分ある子どもたち一人一人にあった授業を行うことは難しいかもしれないけれど、指導者が押さえておかなければいけないポイントを知るだけでも、授業も違うものになって子どもにとってもより効果的な授業になりますしね。

この本のように 「こうしてくれたら・・・」といわれないときが付かないのが
情けないですが、それでも知らないのとは違うと思いました。
障害とまでいかなくても 今の世の中、偏差値できめられるものだけではないと
娘が受験で苦労している姿をみて 思ったりもしました。
「知能には8つのタイプがある」という内容の本も読んで納得したりしています。
>
> 日々子どもから学ぶことばかりです!

 ほんとにそうですね。
わたしも 改めていろいろと教えてもらっているのを感じています。

>
> 突然のコメント、失礼しました。

わざわざ コメントを残してくださり、
感激しております。
今後ともよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
2015/11/28(Sat) 23:18 | URL  | tamirin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可