FC2ブログ
女性の居場所
2018年05月06日 (日) | 編集 |
ゴールデンウィークがおわりましたね~。
私も今年はなんだか長いお休みでした。

お天気が怪しいというので
結局 上野の絵本まつりにもいかず。
だったら 練習がてらに うちに姉と一緒にとまりにきた母が
体調を崩し、そのまま今週はいるようです。

父がなくなって1か月。
ずっと私がしっている母は、父と一緒でした。
そして父が何でもやっていたので
母はまかせっきりな人生を過ごしてきたようです。

父が亡くなる前、何度も私たちにたのんでいたのは
母のこと。
最後まで病気の父にいろんなことをやってもらっていたのを
私も見てきたので ひとりでどうなるかとおもっていましたが、
父には大丈夫だからといってきました。

一人で夜を過ごすのがつらいというので
私が行ける時にはいって
姉が泊まって・・・というのを繰り返してきましたが、
私との同居となるとおもうので
準備をしようと相談しています。

ただ、動物と一緒に暮らすのが初めての母にも
練習が必要。
それと最近分かってきたのは、やはり女の人にとって
「お城」なのは自分の家。
それがすべてなくなるのはやはりどうなんだろう?と。

子どもたちが巣立ち、
今は私は虎太郎くんと二人なので(実は私も巣立ったので…)(;^ω^)
特にお休み以外は料理も一生懸命していません。
というのも 昔、レッスン前の時間などにお料理をしていて
お鍋を焦がしたことがあり、危ないので時間があるときにしか
やらないようにしています。

そんな私の家に母がきても その台所は母がつかってもらっていいのですが、
たぶん、そういうのではないのでしょうね。
なんか とても遠慮するといって
自分のやることがすべてなくなったような気になっているようです。

たしかに 女の人にとって 「台所」は大事ですよね。
それが たとえ小さなものでも 自分の思うようにしきれる場所、
それが居場所なのかもしれません。
なんか 急にがっくりと老け込んで
体調を崩している母をみていると、もっと何かいい方法はないかと
姉と相談しているところです。

きっと一番いいのは、娘の自宅の離れなどに
自分の小さな家と台所があるところに住めることとか
なんでしょうが、それはもうこれからは無理。

もっと母の居心地がよくなるように考えないといけませんね。
ゆっくり考えましょう。
きっと何かあるはず。うん。




にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

↑ブログ村に参加したよ!遊びに来た人クリックしてね!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
私も今一人だし、長年一人暮らしの母を見てきたのでよくわかります
100%同居じゃなくてもいいんじゃないでしょうか?
週の5日はtamirinさんの家にいるけど、2日は今のところで生活するとか
何か良い方法があるといいですね
2018/05/07(Mon) 09:38 | URL  | Sakasayo #6qsAsK2A[ 編集]
Saksayoさん
> 私も今一人だし、長年一人暮らしの母を見てきたのでよくわかります

そうですよね。ご主人のお母さまもお一人でがんばっていらっしゃいますよね。

> 100%同居じゃなくてもいいんじゃないでしょうか?
> 週の5日はtamirinさんの家にいるけど、2日は今のところで生活するとか
> 何か良い方法があるといいですね

今 5日経ちましたが、ようやく少し慣れたようです。
そりゃそうですよね。
だって今や自分が実家にいたときよりも
自分で生活している方が長いので、やり方もだいぶ違っています。

姉とも相談して、しばらくはいったりきたりしてもらおうと
思っています。
たよっていたものがなくなり、やることも落ち着いてきて
目的を今見失っているんだとおもいます。
時代も違いますしね。

アドバイスありがとうございます。
同世代の言葉って本当にありがたいです。
2018/05/08(Tue) 22:48 | URL  | tamirin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可